2020年ベスト・バイOnePlusを勝手にまとめさせていただくだけ。今年もありがとうございました。

2 min

OnePlusは今年の4月にOnePlus 8 シリーズ、10月にOnePlus 8Tを発表しました。

どちらも品質が良く、特にOnePlus 8 ProのQHD+120Hzディスプレイは目を疑うものです。DXOMARKスコアでも現在ディスプレイスコアはApple iPhone 12 Pro Maxと並ぶ88点。このスコアはGalaxy Note 20 Ultraの次に高いスコアとなっています。

さて、Twitter上のスマートフォン界隈では、この時期にベスト・バイを公開しているユーザーが多くいます。今回はOnePlusの2020年ベスト・バイの声をまとめようと思います。

Twitter上の声

YouTube

コアなユーザーからも愛されるOnePlus端末

今回のベスト・バイOnePlusの声は、スマートフォンを深く愛する方が多い印象です。スマートフォンを何台も買って最終的にOnePlusに行き着く人もいます。

OnePlusはそれぐらいコアなファンが多いスマートフォンでもあります。

最近ですとOxygenOS 11がリリースされ、海外ではクローンOneUIと呼ばれることもあります。僕もそう思います。しかし、今年のベスト・バイスマートフォンにOnePlusが選ばれているところを見ると、今のところは成功していると言っても大丈夫だと思います。

今後もOnePlusらしいスマートフォンを造っていただきたいところですね。

今年もありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です