中国版OnePlus 9R 4月15日に発売決定、ColorOS搭載

1 min

OnePlus 9Rは3月23日にインド市場で発表され、Snapdragon 870を搭載しつつ価格は約6.0万円のスマートフォンです。このスマートフォンは昨年のりーク段階からモデル番号に中国版と思われるものが含まれており、中国市場での発表が期待されていました。

つい先日には中国の有名リーカーによって、9Rが中国市場へ向かっていることを確認しています。

そんな中国版OnePlus 9Rでしたが、ついに発表日時、そして搭載OSが公式より発表されました。

発表は4月15日

発表は4月15日現地時刻14時(日本時間15時)を予定。先行販売は4月15日、初売りは4月20日からとなります。なお販売場所にはJDが含まれており、日本からも購入を狙うことが可能です。

搭載OSについて

OnePlusは9シリーズから、グローバル版にはOxygenOS、中国版にはOPPOのColorOSを使用しています。本端末もColorOSが使用されますが、インド版はOxygenOSが搭載なので、焼き直すことが可能でしょう。

ソース : Weibo

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です