色が変化するコンセプトOnePlus 8T?ミリ波レーダーと特殊フィルム搭載

2 min

OnePlusから最新コンセプト機が登場しました。筐体は現行のOnePlus 8Tが使用され、背面ガラス下には色が変わるフィルム、そしてミリ波レーダーが搭載されています。

OnePlusによると、この色の変化は、金属酸化物を含むフィルムで実現されているそうです。金属酸化物は、スマートフォンの背面ガラス下にあり、電圧を印加するとシルバーからダークブルー色に変化します。

カメラユニット下には、ミリ波レーダーが搭載。レーダーを使用し、電磁波を周囲に反射させ、スマートフォン本体に「オブジェクトの認識、画像化、位置特定、追跡」を可能にします。

バックパネルは着信コールで色を点滅させ、ユーザーは簡単なジェスチャーで通話を承認または拒否できます。デバイスに触れることなく、ジェスチャーを使用してコンセプト機を操作することが可能です。更にミリ波レーダーにより呼吸モニターが使用できます。これはユーザーの呼吸を登録できるため、同期して色を変更します。つまりデバイスと一緒に呼吸をすることができるわけです。

今回のコンセプト機は実際に発売されませんが、この技術が将来的にOnePlus端末に取り入れられる可能性はあります。

theverge , OnePlusコミュニティー

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です