OnePlus 8Tの魅力は価格だけじゃない 最高な点をまとめる記事

3 min

前回の記事でOnePlus 8Tはメイン機にはできないとお伝えしましたが、やはりコスパはいい端末に仕上がっていることは確かです。

AliExpress 11.11(独身の日)セールには500ドルを切る店が多くなると予想でき、日本でも大流行の予感です。

さて、今回は迫るセールに備えてOnePlus 8Tの魅力をお伝えしようと思います。

スペックOnePlus 8T
発表日2020年10月14日
OSAndroid 11 , OxygenOS 11 , HydrogenOS(中国)
Antutu約600,000
ディスプレイ6.55インチOLEDディスプレイ
1080 x 2400 ピクセル
リフレッシュレート120Hz

タッチサンプリングレート 240Hz
画面占有率91.9% , 1100nit , 402 ppi
自動輝度調整8192段階

ゴリラガラス 5
素材ガラス , アルミ
SoCQualcomm SM8250 Snapdragon 865 (7 nm)
RAM8GB , 12GB LPDDR4X
ROM128GB , 265GB UFS 3.1
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/6
Bluetooth5.1
対応バンド中国版
LTE-FDD:B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 26
LTE-TDD:34, 38, 39, 40, 41
MIMO:LTE:B1, 3, 41; NR: N1, 3, 41, 78, 79
WCDMA:B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
5G NSA:N41, 78, 79
5G SA:N1, 3, 41, 78, 79

インド版
WCDMA: B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
LTE-FDD: B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 26
LTE-TDD: B34, 38, 39, 40, 41, 46
5G NSA: N78
5G SA: N78

アメリカ版
WCDMA: B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
CDMA: BC0, 1, 10
LTE-FDD: B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 66, 71
LTE-TDD: B34, 38, 39, 40, 41, 46, 48
5G NSA: N2, 5, 25, 41, 66, 71
5G SA: N41, 71, 2, 25, 66

ヨーロッパ版
WCDMA: B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
LTE-FDD: B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 32, 66
LTE-TDD: B34, 38, 39, 40, 41, 42
5G NSA: N1, 3, 7, 28, 41, 78
5G SA: N41, 78
アウトカメラ・48 MP, f/1.7, 26mm (広角メイン), 1/2.0″, 0.8µm, PDAF, OIS
Sony IMX586
・16 MP, f/2.2, 14mm, 123˚ (超広角), 1/3.6″, 1.0µm
・5 MP, f/2.4, (マクロ)
・2 MP, f/2.4, (深度センサー)
4K@60fp
インカメラ16 MP, f/2.4, (広角メイン), 1/3.06″, 1.0µm
Sony IMX471
1080p@30fps
サイズ160.7mm x 74.1mm x 8.4mm
バッテリー4500 mAh
65W Warp Charge (39分で100%)
PD45W
防水非搭載
重量188 g
その他DisplayMate A+評価 , ゲーミングスマホ並みの冷却層システム
価格中国(10月15日発表)
128GB / 3399元(約53,000円)
256GB / 3699元(約58,000円)
インド
128GB / ₹42,999(約62,000円)
256GB / ₹45,999(約66,000円)
アメリカ
256GB / $749.00(約79,000円)

ヨーロッパ
128GB / €599,00(約74,000円)
256GB / €699,00(約86,000円)

日本の3G、4Gにしっかり対応(楽天含まない)

日本からECサイトを通して購入される場合は大体KB2000(中国版)となるはずです。中国版の対応バンドは以下の通り。

  • 中国版
  • LTE-FDD:B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 26
  • LTE-TDD:34, 38, 39, 40, 41
  • MIMO:LTE:B1, 3, 41; NR: N1, 3, 41, 78, 79
  • WCDMA:B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
  • 5G NSA:N41, 78, 79
  • 5G SA:N1, 3, 41, 78, 79

見てお分かりいただける通り、ドコモ、au、ソフトバンクにて日本でも問題なく使用可能です。

業界でも先進的な7層の背面フィルムガラス

OnePlus 8Tにはルナシルバーとアクアマリングリーンの2色が用意されています。

どちらのカラーバリエーションも洗練されたデザインですが、今回のグリーンについては特にこだわって作ったとされています。OnePlusのCEO曰くこのグリーンカラーは数百ものフィルムをテストし、7層の理想的なフィルムを搭載したのだとか。これによって光沢感を出しつつ、かつ指紋の目立ちにくい緑と青の間の独特の色合いを実現したそうです。

ルナシルバーについては非光沢でさらさらとした手触りのシルバーとなっています。発表会時に開発陣が手に持っていましたが、光の反射が神々しい。まさに生まれ立てのそのまんまというデザインになっています。

カラバリについてはどちらが正解ということもなく、こだわり抜いて作られている一品なのでどちらを選んでも満足されるはずですよ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です