お金がないなら価格を抑えたOnePlus Buds Zに期待するのもあり

1 min

先日レビューしたOnePlus Budsの使い心地が良くて常にはめている管理人ですが、今から購入するならOnePlus Buds Zを待つのもありです。

3つのポイント

すでにOxygen OS 11のソースにはOnePlus Buds Zに関するコードが含まれている。

OnePlus Bullets Wireless Z同様に半値になる可能性がある。

素材は安くするが、音質は変わらない説がある。

Oxygen OS 11のソースにOnePlus Buds Z

先日リークされた情報によりますとOxygen OS 11 Bluetoothチューニングプロファイルのコードに未発売のOnePlus Buds Zに関するコードが含まれているのが確認されました。

<tuning name=”oneplus_bluetooth_BudsZ” endpoint_type=”headphone” mono_device=”false” tuned_rate=”48000″ orientation=”2″ output_channels=”2″>

oneplus_bluetooth_BudsZというコードが含まれているのがわかると思います。Oxygen OS 11に含まれているということは、今後発売する予定は十分にあるはずです。

価格

以前発売されたOnePlus Bullets Wireless 2は99$、廉価版であるZは50$であることを考えると、OnePlus Buds Zも半額程度の価格に収まると予想できます。OnePlus Budaは80$での販売ですので40$付近が濃厚となります。

また価格は抑えられていますが、海外のレビューでは音質にそこまで影響はなく、廉価版とも思えない音質とのことでした。なのでOnePlus Budsに関しても音質の劣化に心配しなくてもよさそうです。それよりも質感で、現行のBudsでさえもプラスチッキーであるため、どこの部分でコストを下げてくるかが焦点となりそうです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です