OnePlus 8 Proのディスプレイが世界2位の実力?DXOにて素晴らしい好成績

1 min

OnePlus 8 Proは、1440×3168ピクセルという非常に密度の高いディスプレイで、尚且つリフレッシュレート120Hzに対応している夢のようなディスプレイです。購入してから約6ヵ月が経った今でも感動するくらいです。

こちらの記事で紹介した動画でもOnePlus 8 Proのディスプレイがいかに素晴らしいかを物語っているのでご参照ください。

さて、今回はカメラ評価に権威のあるdxomarkよりOnePlus 8 Proのディスプレイ評価が公開されていたので紹介します。

DXOで88点の超スコア

OnePlus 8 Proのディスプレイ合計スコアは88点、このスコアはトップのGalaxy Noto 20 Ultraに1点及ばないものの、現時点で世界2のディスプレイとなりました。さらに1つ下のスコアにはAppleのiPhone 12 Pro、Exynos版(SoC名)Galaxy Ultraが並びます。

DXOによるといい点には、直射日光下でのディスプレイの読みやすさや正確なタッチ、演色性が良好とされています。逆に悪い点は、エイリアシングが強く、画面の表面全体で一貫性のないレベルの明るさと色が挙げられています。

そのほかの成績も素晴らしい

dxomarkは10月にサイトがリニューアルされており、以前までのカメラスコアにディスプレイ・インカメラ・サウンド評価が加わっています。

OnePlus 8 Proのそのほかの評価は以下の通り。

  • アウトカメラ 118点(22位)
  • インカメラ 93点(15位)
  • サウンド 67点(16点)
  • ディスプレイ 88点(2位)

6ヵ月経った今でもこのスコアランキングを維持できている点が素晴らしいです。OnePlus 9シリーズの噂も流れ始めており、今年は3月に発表される可能性が高いです。期待して待ちましょう。

ソース

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です