Android 11に対応したMagisk 21.0が公開!!新しいインターフェイスにテーマ機能も

2 min

今やRoot化するのに必須となったMagiskがAndroid 11に対応しました。

Magiskは従来のSUバイナリよりも多機能であり、Root検出を避け、銀行アプリやクレジットカードアプリを開けるようにするMagiskHide機能はもちろんのこと、Google Payやポケモン GOで使用されるSafetyNetを潜り抜けることも可能です。

Android 11を公式サポート

Magisk 21.0では、Android11で起動しているほとんどのスマートフォンやタブレットでrootアクセスを取得できます。

GoogleのPixelシリーズ、OnePlusのOxygen OS 11、XiaomiのMIUI 12、SamsungのOne UI 3.0、OPPOのColorOS11などが含まれています。

新しいインターフェイス

Magisk 21.0では以前のUIと比べて、情報量が多く表示されます。また、テーマ機能により、ある程度は自分でカスタマイズが可能となります。

Magisk v21.0 更新ログ

  • [一般] Android11をサポート🎉
  • [一般]セーフモード検出を追加します。デバイスがセーフモードで起動しているときは、すべてのモジュールを無効にします。
  • [一般]post-fs-data モードタイムアウトを10秒から40秒に増やし ます
  • [MagiskInit] 2SIサポートを一から書き直しました
  • [MagiskInit]/sbin フォルダが存在しない場合のサポート (Android 11)
  • [MagiskInit]デバイスツリーからrootfsにfstabをダンプinit し、2SIデバイスで使用するように強制 します
  • [MagiskInit]ブートループを引き起こす可能性があるため、2SIのAVBを削除します
  • 【モジュール】モジュール取付ロジックを一から書き直しました
  • [MagiskSU] Android 8.0以降では、まったく新しいポリシー設定が使用されます。これにより、Androidのサンドボックスでの侵害が減り、ルートユーザーのポリシーの分離とセキュリティが向上します。
  • [MagiskSU]分離されたマウント名前空間は、最初に親プロセスから継承し、次に自分自身を世界から分離するようになりました
  • [MagiskSU]強化されたSELinuxセットアップで動作するようにMagiskManagerとの通信プロトコルを更新します
  • [MagiskPolicy]すべてのルールに一致するように最適化します。これにより、ポリシーのバイナリサイズが大幅に削減され、メモリが節約され、一般的なカーネルのパフォーマンスが向上します。
  • [MagiskPolicy]新しいタイプと属性の宣言をサポート
  • [MagiskPolicy]ポリシーステートメントをストック*.te 形式に近づけ ます。更新されたドキュメントまたは詳細を確認 magiskpolicy --help してください。
  • [MagiskBoot]圧縮されたextra blobをサポート 
  • [MagiskBoot]ブートイメージをゼロで元のサイズにパッドします
  • [MagiskHide]追加のベンダープロパティを操作する

Magiskv21.0をダウンロード

Magisk Manager v8.0.0 変更ログ

  • 100%完全なアプリの書き換え!以下の機能変更を強調します。
  • ユーザーのインストールを支援するために、ホーム画面に詳細なデバイス情報を追加します
  • Magiskv21.0通信プロトコルをサポートする
  • 最新のSamsungAP.tarへのパッチ適用をサポート

Magisk Manager v8.0.0をダウンロード

ソース

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です