OnePlusのHydrogenOS終了のお知らせ。OPPOのColorOSに変わる?【中国版のみ】

1 min

OnePlusスマートフォンには、グローバル向けのOxygenOSと中国向けHydrogenOSが存在します。

後者はGoogle Playストアや日本語がパッケージに含まれていなく、中国版を購入した際には、OxygenOSへ焼き直すか予め焼き直しされた物を購入するのが主流となっています。

さて、そんな中国ROM HydrogenOSがどうやら終了するようです。

xda-developersによると、公式のOnePlus QQグループで、HydrogenOSの開発中止を発表したとされています。

この発表によると、中国のHydrogenOSの公式ウェブサイトは3月24日に終了し、OTAサーバー(アップデート)は4月1日に終わりを迎えることになります。

これにより、中国向けROMであるHydrogenOSが事実上終了します。その代わり、今後の中国で販売されるOnePlusスマートフォンには、OPPOのColorOSがプリインストールされ、中国のOPPOストアでも販売されると述べています。

ソース : xda-developers

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です