【公式情報】中国版OnePlus 9シリーズにはOPPOのColorOSがプリインストール

1 min

以前OnePlusの中国版OS(HydrogenOS)の配信が終了し、OPPOのColorOSに置き換わるかもしれないとお伝えしました。

そして本日、この情報がOnePlus公式より発表されました。

OnePlusのCEOであるPete Lau氏は、Weibo上にて、OnePlus 9(中国版)にはOPPOのColorOSをプリインストールすると正式に発表しました。彼はまた、現段階でHydrogenOSを搭載しているスマートフォンに関しては、引き続きサポートをしていくことも明らかにしました。

これによって、3月24日に発表されるOnePlus 9シリーズの中国版はすべて、OPPOのColorOSとなります。なお、3月23日発表のグローバルモデルに関しては、引き続きOxygenOSを搭載します。

購入時からOxygenOSを使用したい場合は、グローバルバージョンを購入したほうがいいかもしれません。


AliExpressなどで販売されるOnePlus端末のほとんどは、中国版です。グローバルROMと書かれたものは中国版HydrogenOSからOxygenOSに書き換えられたものです。

従来のHydorogen(水素)とOxygen(酸素)は互換性があり、設定ローカルアップデートでそのままOSの移行が可能でした。しかし、今回はOPPOのカスタムOSを使用するわけですから、移行の際には俗にいう、ROM焼きをしなければ行けなくなるかもしれません。

もしそうなれば、必然的にOxygenOS搭載のグローバルバージョンOnePlusスマートフォンを買わなくてはいけなく、以前のような価格での入手は望めないでしょう。

ソース : weibo

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です