OnePlus 8 / 8 Pro、OxygenOS Open Beta 6リリース!ついに1月のセキュリティーパッチ

1 min

OnePlus 8シリーズのベータ版がアップデートされ、Open Beta 6になりました!

アップデートには1月のセキュリティーパッチやフレームレートの安定性向上、ステータスバーUI表示の最適化が含まれています。また、OnePlus関連アプリケーションにも更新が入っており、シェルフに機能追加が施されています。

ベータ版なのでバグが含まれている可能性がありますが、OnePlus 8シリーズの最新版ビルドを楽しみたい方は是非アップデートしてみてください。

アップデート内容

  • システム
    • ステータスバーのUI表示を最適化
    • フレームレートの安定性を最適化し、ゲームをプレイする際のエクスペリエンスを向上させました
    • コミュニティホームページのインターフェースを最適化し、通知をより目を引くものにします
    • ブラウザのドロップダウンメニューがクラッシュする問題を修正しました
    • Androidセキュリティパッチを2021.01に更新しました
  • シェルフ
    • 新たに追加されたDockは、毎日の歩数や画面の使用時間など、さまざまな情報を表示するダッシュボードです。
    • 流暢さを向上させるために最適化された気象アニメーション効果
  • 天気
    • 晴れた日と曇りの日に最適化されたアニメーションにより、より鮮明な動的表示が可能
  • ゲームスペース
    • ゲーム内で通知をオフにできない場合がある問題を修正しました
  • ギャラリー
    • ギャラリーのクラウドサービスインターフェースのレイアウトを最適化して、運用エクスペリエンスを向上させました
  • ブルートゥース
    • 時計接続時のBluetoothの伝送速度を向上

OnePlusフォーラム


ローカルアップデートでは、安定版からオープンベータへのアップデートは初期化されません。オープンベータ版から安定版へのアップデートは内部データが初期化されます。ご注意ください。

アップデートは最初は一部のユーザーに配布され、その後広域に配布されます。

前回のアップデート

いち早くアップデートを受け取りたい方へ

アップデート後に内部を掃除したい

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です