OnePlus 8シリーズにOxygenOS 11 Open Beta 1が配信中!! 少し安定したAndroid 11を楽しんでください

3 min

先日からご紹介していたOxygen OS 11ですが、ついにプレビュー4から、実用レベルのOpen Beta 1まで来ました。

まだBeta 1ということで安定性には欠けている可能性はあるものの、早く試したいという方はインストールしてみるといいかもです対応端末はOnePlus 8 / 8 Proのみとなります。

紹介ビデオ

更新内容

  • システム
    • 新鮮な新しいUIビジュアルデザインにより、細部のさまざまな最適化により、より快適なエクスペリエンスを提供
    • 新しい天気UIは、日の出と日の入りの動的な切り替えをサポート
    • ステータスバーの輝度バーの表示を最適化し、クイック設定をプルダウンすることで素早く調整
  • ゲームスペース
    • Fnaticモード、WhatsApp、Instagram、スクリーンレコーダーの便利なスイッチを1か所に追加するために新しく追加されたゲームツールボックス(ゲームモードで画面の右上/左隅から下にスワイプして有効にします)
    • 新しく追加されたミスタッチ防止機能。有効にして、画面を上から下にスワイプし、クリックすると、通知バーが表示
  • アンビエントディスプレイ
    • 常時オンのアンビエント表示機能が追加され、カスタムスケジュール/終日オプションが含まれています。パス:設定–ディスプレイ–アンビエントディスプレイ。
    • 10の新しい時計スタイルを追加。パス:設定–カスタマイズ–時計スタイル
    • パーソンズスクールオブデザインとの共同制作による新たに追加されたInsightクロックスタイル。携帯電話の利用状況により変動(設定:設定>カスタマイズ>時計のスタイル)
  • ダークモード
    • ダークモードのショートカットキーを追加しました。クイック設定をプルダウンして有効
    • 機能を自動的にオンにして時間範囲をカスタマイズするサポート。パス:設定–ディスプレイ–ダークモード–自動的にオンにする–日没から日の出までの自動有効化/カスタム時間範囲。
  • Zen Mode
    • 5つの新しいテーマ(海、宇宙、草原、禅スペース1、禅スペース2)、およびタイミングオプションが追加
    • Zenモードにグループ機能が含まれ、友達を招待してZenモードを一緒に有効
  • ギャラリー
    • ストーリー機能をサポートし、写真とビデオをストレージに保存して毎週ビデオを自動的に作成

インストール方法

※この手順はOnePlus 8/8 Proのみを対象としています。バッテリーレベルが30%を超えており、使用可能なストレージ容量が3GB以上あることを確認してください。

MPバージョン=安定した公式バージョン
OBTバージョン=オープンベータバージョン

MPからOBTへのアップグレード

1.指定されたサーバーから最新のROMアップグレードzipパッケージをダウンロードします。
2. ROMアップグレードパッケージを電話機のストレージにコピーします。
3. [設定]-> [システム]-> [システムアップデート]->右上のアイコンをクリック-> [ローカルアップグレード]->対応するインストールパッケージをクリック-> [アップグレード]-> [システムアップグレードが100%完了]に移動します。
4.アップグレードが完了したら、[再起動]をクリックします。
5.更新が成功しました。

OBTからMPへのダウングレード

1.指定されたサーバーから最新のROMアップグレードzipパッケージをダウンロードします。
2.ロールバックパッケージを電話のストレージにコピーします。
3. [設定]-> [システム]-> [システムアップデート]->右上のアイコンをクリック-> [ローカルアップグレード]->対応するインストールパッケージをクリック-> [アップグレード]-> [システムアップグレードが100%完了]に移動します。
4.アップグレードが完了したら、[再起動]をクリックします。
5.更新が成功しました。

※ダウングレード時にはすべての端末ストレージデータが削除されます。

ダウンロード場所

OxygenOS 11 Open Beta 1

MP 安定板へ

※注意、これはあくまでもベータ版ですのでバグも含まれていることを理解しておいてください。またバグを発見した際にはOnePlusコミュニティーアプリ等でのフィードバックもしていただけると嬉しいです。

OnePlus コミュニティー

バックアップについて

OnePlusスイッチ(OnePlus専用バックアップシステムアプリ)をお使いください。

おまけ Wipe cache

wipe cacheとはシステム上のキャッシュデータをクリアできます。これによりキャッシュパーティションが初期化され、端末を購入時に近い状態に復元します。

  • 端末の電源を切り、「電源ボタン」と「音量ボタン-」を長押しします。端末のリカバリー起動。
  • 【設定】→【システム】→【開発者オプション】→【高度な再起動】→【電源ボタン長押し、リカバリー】

これらどちらかの方法でリカバリーモードへ入ります。

  1. 自身が端末に設定したパスワードを打ち込むorスワイプ
  2. 言語の設定、中国語・英語から設定可能
  3. Wipe data and cache
  4. Wipe cache
  5. Yes
  6. Reboot

これで完了です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です