OnePlus 8 OxygenOSベータチャンネルに安定版ビルドが混ざりこみ初期化報告相次ぐ

1 min

ええ、私もやりましたよ。寝ぼけてクリーンインストール!!そのおかげでわたくしの日曜日はOnePlus 8 Proの設定で一日つぶれましたとさ。

先日お伝えした通り、OnePlus 8シリーズOxygenOS Open Beta 3に安定版最新バージョン11.0.1.1が混ざりこんでしまった問題。これをインストールしたユーザーはベータ版から安定版へとアップデートされ、内部ストレージは初期化されます。

この問題をOnePlus公式は「一部のユーザーは、Open Beta 3を介してStableアップデートを受信し、完全なデータ消去につながると報告しているようです。この情報はすでにソフトウェアチームと共有されているため、確認して対処することができます。一方、アップデートOTAを受け取った場合は、それがオープンベータアップデートであるかどうかを再確認してください。そうでない場合は、インストールしないでください。」とコミュニティ内に投稿されています。

もうすでに焼いてしまった方もいるとは思いますが、対策方法です。開発者オプション→自動システムアップデートを無効にし、再起動後のアップデートを無効にしてください。また、通知が届いている場合は、アップデートバージョンが安定版になっていないかを確認してください。

ちなみにベータビルドの最新版はOpen Beta 3です。

ソース

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です