OnePlus 8T サイバーパンク2077モデル 発表 限定版OS、重量UP、特殊デザイン

3 min

以前から噂されていたOnePlus 8T サイバーパンク2077限定モデルが中国国内で発表されました。

OnePlus 8T サイバーパンク2077モデルは11月2日、本日から予約を受け付けし、11月11日から販売が開始されます。

OnePlus 8T サイバーパンク2077 スペック

スペックOnePlus 8T
発表日2020年10月14日
OSHydrogenOS(中国)
Antutu約600,000
ディスプレイ6.55インチOLEDディスプレイ
1080 x 2400 ピクセル
リフレッシュレート120Hz

タッチサンプリングレート 240Hz
画面占有率91.9% , 1100nit , 402 ppi
自動輝度調整8192段階

ゴリラガラス 5
素材ガラス , アルミ
SoCQualcomm SM8250 Snapdragon 865 (7 nm)
RAM12GB LPDDR4X
ROM265GB UFS 3.1
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/6
Bluetooth5.1
対応バンド中国版
LTE-FDD:B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 26
LTE-TDD:34, 38, 39, 40, 41
MIMO:LTE:B1, 3, 41; NR: N1, 3, 41, 78, 79
WCDMA:B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
5G NSA:N41, 78, 79
5G SA:N1, 3, 41, 78, 79
アウトカメラ・48 MP, f/1.7, 26mm (広角メイン), 1/2.0″, 0.8µm, PDAF, OIS
Sony IMX586
・16 MP, f/2.2, 14mm, 123˚ (超広角), 1/3.6″, 1.0µm
・5 MP, f/2.4, (マクロ)
・2 MP, f/2.4, (深度センサー)
4K@60fp
インカメラ16 MP, f/2.4, (広角メイン), 1/3.06″, 1.0µm
Sony IMX471
1080p@30fps
サイズ160.7mm x 74.1mm x 8.4mm
バッテリー4500 mAh
65W Warp Charge (39分で100%)
PD45W
防水非搭載
重量194 g
その他DisplayMate A+評価 , ゲーミングスマホ並みの冷却層システム
価格中国(11月11日発売)
256GB / 3,999元(約63,000円)

背面デザインは流石の限定版

OnePlus 8T サイバーパンク2077モデルはスペックや仕様はほぼ同じです。通常版との差は、12GB / 256GB構成のみの選択となり、重量が188 gから194 gと若干のアップが施されているくらいです。

フロントデザインも左上パンチホールから変わりませんが、背面デザインは通常版から大きく変更されています。

通常版ですと左上に搭載されていたカメラユニットは、上3分の1当たりまで広がり右側にはサイバーパンクのロゴが刻印されています。黄色で少し派手めですがデザインにはしっかり溶け込んでいる感じで最高にかっこいい。

OnePlusのロゴ付近はエンボス加工されたAGガラスが使用され、まるで大理石かのようなさらさらボディーを実現。下半分にはOnePlus 7T Pro 5G McLaren Editionのようなガラスデザインが採用されています。

カスタマイズされたHydrogenOS

現在のところOSはOnePlusが中国向けに配信しているHydrogenOSとなります。このHydrogenOSはサイバーパンク2077用にカスタマイズされており、アイコンパック・ロック画面・充電アニメーション・指紋認証と特殊な造りとなっています。

HydrogenOSは中国語、英語が選択可能でGooglePlayストアは非搭載です。グローバルROMのOxygenOSを焼き直すことは可能だと思いますが、現段階では中国国内のみの発売なので、焼き直した際には限定版の機能は使用できないはずです。

もし購入を考えているのであればここら辺をショップ側に確認した方がいいかと思われます。今後この限定版がグローバル向けに発売されるのならその心配はいらないですがね。

ファンにはたまらない付属品

OnePlus 8Tサイバーパンク2077モデルの化粧箱には通常版には含まれていないステッカーやバッジなどが含まれており、すべてテーマーカラーでもある黄色に統一されています。OnePlusのファンもしくはサイバーパンク2077を期待している方にはたまらない付属品となりそうですね。

価格は3,999元(約63,000円)、通常版(中国版)256GBモデルが3699元(約58,000円)なので価格はそこまで上がっていません。11月11日から販売が開始されるのでもしかしたらECサイトでも手に入るときが来るかもしれません。

OnePlus公式

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です