OnePlus 8T レビュー コスパは高く、満足のいく一品

3 min

10月14日に発表されたOnePlus 8Tが手元に届きましたのでレビューしていきます。

OnePlus 8Tは、4月に発売された10万円のOnePlus 8 Proよりも優れている点が多く、価格は約53,000円からとお手頃な端末となります。

スペックOnePlus 8T
発表日2020年10月14日
OSAndroid 11 , OxygenOS 11 , HydrogenOS(中国)
Antutu約600,000
ディスプレイ6.55インチOLEDディスプレイ
1080 x 2400 ピクセル
リフレッシュレート120Hz

タッチサンプリングレート 240Hz
画面占有率91.9% , 1100nit , 402 ppi
自動輝度調整8192段階

ゴリラガラス 5
素材ガラス , アルミ
SoCQualcomm SM8250 Snapdragon 865 (7 nm)
RAM8GB , 12GB LPDDR4X
ROM128GB , 265GB UFS 3.1
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/6
Bluetooth5.1
対応バンド中国版
LTE-FDD:B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 26
LTE-TDD:34, 38, 39, 40, 41
MIMO:LTE:B1, 3, 41; NR: N1, 3, 41, 78, 79
WCDMA:B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
5G NSA:N41, 78, 79
5G SA:N1, 3, 41, 78, 79

インド版
WCDMA: B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
LTE-FDD: B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 26
LTE-TDD: B34, 38, 39, 40, 41, 46
5G NSA: N78
5G SA: N78

アメリカ版
WCDMA: B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
CDMA: BC0, 1, 10
LTE-FDD: B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 66, 71
LTE-TDD: B34, 38, 39, 40, 41, 46, 48
5G NSA: N2, 5, 25, 41, 66, 71
5G SA: N41, 71, 2, 25, 66

ヨーロッパ版
WCDMA: B1, 2, 4, 5, 8, 9, 19
LTE-FDD: B1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 32, 66
LTE-TDD: B34, 38, 39, 40, 41, 42
5G NSA: N1, 3, 7, 28, 41, 78
5G SA: N41, 78
アウトカメラ・48 MP, f/1.7, 26mm (広角メイン), 1/2.0″, 0.8µm, PDAF, OIS
Sony IMX586
・16 MP, f/2.2, 14mm, 123˚ (超広角), 1/3.6″, 1.0µm
・5 MP, f/2.4, (マクロ)
・2 MP, f/2.4, (深度センサー)
4K@60fp
インカメラ16 MP, f/2.4, (広角メイン), 1/3.06″, 1.0µm
Sony IMX471
1080p@30fps
サイズ160.7mm x 74.1mm x 8.4mm
バッテリー4500 mAh
65W Warp Charge (39分で100%)
PD45W
防水非搭載
重量188 g
その他DisplayMate A+評価 , ゲーミングスマホ並みの冷却層システム
価格中国(10月15日発表)
128GB / 3399元(約53,000円)
256GB / 3699元(約58,000円)
インド
128GB / ₹42,999(約62,000円)
256GB / ₹45,999(約66,000円)
アメリカ
256GB / $749.00(約79,000円)

ヨーロッパ
128GB / €599,00(約74,000円)
256GB / €699,00(約86,000円)

同梱物

同梱物は、OnePlus 8T本体・保護フィルム(装着済み)・説明書・ステッカー・65W Warp Charge・C-to-Cケーブル・Simピンとなります。

この65W急速充電器はかなり高価な物であり、アダプター本体のみで約2,900円~の価格となります。なのでこの充電セットだけは大切に扱った方がいいかもしれません。中国版(KB2000)を購入された場合はUSプラグとなり、日本でそのまま差し込むことが可能です。

付属ケースは8シリーズ同様にOnePlusのスローガン「Never Settle」がデザインされています。ファンの私からしたらとっても嬉しいのですが、一般の人からすると微妙かもです。「決して満足せず、 上を目指せ」という意味があります。

OnePlus 8Tの重量は188 g、ケースをつけて212 gとなります。ちょっと重いように感じますが、横幅が74.1mmなのでケースをつけて使用していてもそこまで違和感ありません。

関連記事

3 件のコメント

  1. ワイヤレスチャージ非搭載は、無駄な重りを運ばないで済むので、私にとって良い点です。
    ◆私にとって悪い点
    カメラアプリの16:9撮影できない
    アイドリング時のバッテリー消費が激しい
    電話アプリでSIPアカウントが作れない
    通知LEDがない

    • コメントありがとうございます。
      「アイドリング時のバッテリー消費が激しい」、これすごくわかります。
      OxygenOS側のつくりの問題なのかはわからないですが、OnePlusスマートフォンのディスプレイオフ時(深い眠り)のバッテリー持ちはあまり良くない印象です。
      特にこのOxygenOS 11移行、さらに悪化しているように感じますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です