OnePlus 9 Proシリーズの超広角カメラ、Sony IMX766センサー搭載確定へ

2 min

先日の情報によれば、OnePlus 9 Proの広角メインカメラには、Sonyとの共同開発IMX789センサーが使用されることが明らかとなりました。

さらにその後、端末情報スクリーンショットにより、OnePlus 9無印は48MP+50MP+2MPのトリプルカメラ構成、OnePlus 9 Proは48MP+50MP+8MP+2MPのクアッドカメラ構成になることも明らかとなっています。

さて昨日、OnePlusのCEOであるPete Lau氏は、超広角カメラに使用されるセンサーについて言及していますのでお伝えしようと思います。

超広角カメラにも豪華なIMX766搭載確定へ

同氏によれば、OnePlus9シリーズの超広角カメラには、昨年12月に発表されたOppo Reno5 Pro +と同じイメージセンサー50MPのSony IMX766センサーを使用すると述べています。

このIMX 766センサーサイズは1/1.56型。OnePlus 8 Proの広角メインカメラに搭載されているIMX689の1/1.4インチには及ばないものの、8 Pro超広角カメラで採用されたIMX586の1/2型サイズよりも大きくなります。

つまり、OnePlus史上、最も美しい超広角カメラが搭載されるということです。

ティーザー画像ではOnePlus 9シリーズと記載されているので、無印の48MP+50MP+2MPの50MPがこれに当たる可能性があります。

OnePlus 9 Proについては、これで48MPがIMX 789、50MPがIMX766で確定、3.3倍の光学式ズームがほぼ確定です。

ツイートには「今週後半にあなたに驚きがあるかもしれません…」と記載されており、今後なにかしらのサプライズが起きるかもしれません。

兎にも角にも、OnePlus 9シリーズはグローバルで3月23日、中国では3月24日を予定しています。Hasselbladと共同開発を行い、センサーにかつてないほど投資をしたOnePlus。楽しみに待ちましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です