OnePlus Band インドで正式発表!AMOLEDディスプレイ、spo2、IP68、スペック・仕様

2 min

OnePlusは予定通り、インドにてウェアラブルデバイス(活動量計)のOnePlus Bandを発表しました。

OnePlus Band 仕様・スペック

仕様・スペックOnePlus Band
モデルW101N
ディスプレイ1.1インチAMOLEDディスプレイ
126 x294ピクセル
P3広色域

5段階輝度調整
サイズ40.4mm x 17.6mm x 11.45mm(本体)
257mm x 21.0mm x 0.7mm(バンド)
重量10.3g(本体)
12.3g(バンド)
22.6g(本体+バンド)
センサー血液酸素センサー
3軸加速度計と3軸ジャイロスコープ
光学式心拍センサー
Bluetooth5.0
バッテリー容量100mAh(最大14日間のバッテリーライフ)
充電方式有線充電ドングル(専用充電器)、USB Type-A
防水性能5ATM IP68
システム言語英語、ヒンディー語、中国語
運動モード野外ランニング、室内ランニング、ファットバーンラン、野外ウオーキング、野外サイクリング、室内サイクリング、クロストレーナー(自転車トレーニング)、ローイングマシン、クリケット、バドミントン、プールスイミング、ヨガ、フリートレーニング、計13種類
健康測定機能24時間心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
血中酸素レベルモニタリング
呼吸運動
ステップカウンター
毎日の目標設定
その他の機能アプリ通知機能、着信拒否、メディアコントロール、ストップウォッチ、タイマー、アラーム(振動)、カメラシャッターコントロール、スマートフォンを鳴らす、Zenモード同期(OnePlusスマートフォンのみ)、天気予報、OTAアップグレード、充電表示
コンパニオンアプリOnePlus Health
価格【インド】
本体+バンド/ 2,499インド・ルピー(約3,500円)
バンド / 399インド・ルピー(約570円)
OnePlus.in , Xiaomi.in

主な特徴

ディスプレイは1.1インチAMOLEDディスプレイを搭載。計13のスポーツモードに加え、24時間の心拍数測定やspo2(酸素飽和度)測定、睡眠測定に対応しています。

バッテリー容量は100mAhで、最大14日のバッテリーライフとなります。重量が本体とバンドを合わせて22.6g。充電方法は、本体部とバンド部を切り離して、専用充電器にハメて充電するタイプとなります。

例えるならXiaomiから発売されているMi Band 4と同様の充電方法となります。

5ATMおよびIP68に対応。最大50メートルで10分間の防水性能があり、さらに防塵にも対応しています。

OnePlus Bandは、インドより2,499インドルピー(約3,500円)で発売。グローバル展開されるかどうかは現在のところ不明です。また、今回のリリースに合わせてOnePlusのフィットネスアプリが初めて登場しました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です