OnePlusのカメラ品質が今後大きく変わるかもしれない、CEOが研究開発に力を入れることを明らかに

1 min

OnePlusのCEOであるPete Lauは昨日、中国Weibo上にて、カメラ品質の向上に力を入れることを明らかにしました。

OnePlusのカメラ品質については、他社のフラッグシップ製品と比べるとホワイトバランスの調整やピント精度に難があるのは事実です。日本の某掲示板には「OnePlusスマートフォンは他社と比べても中の上もしくはそれ以下」との書き込みもあるくらいです。

海外のYouTuberがアップロードした比較動画でもHUAWEIやiPhoneと比べて、カメラ品質がほんのちょっとだけ劣っていました。

OnePlusは3月に自社のフラッグシップスマートフォンOnePlus 9シリーズをリリースする予定です。OnePlus 9シリーズはLite(9E)、9、9 Proの3端末展開となります。

最新の情報ですと、OnePlus 9には、50MPメインカメラ + 20MP超広角カメラ + 12MP望遠カメラのトリプルカメラとなり、2020年流行りのペリコスコープ(超望遠)は搭載しないと伝えられています。

さらに先日の情報によると、OnePlusは9シリーズでライカとの協業が噂されています。今回の件とライカ協業を加味すると、もしかすると市場最高のカメラが搭載される可能性があります。

経由 : gsmarena , ソース : mydrivers(中国語)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です