OnePlus初のスマートウォッチ、グローバル発表!スピーカー、GPS内蔵、500曲保存で約1.7万円

3 min

OnePlusは3月23日に初のスマートウォッチを発表しました。価格はアメリカで約1.7万円、中国で約1.7万円とお手頃価格を実現しているのにも関わらず、スマートウォッチとしては貴重な機能を兼ね揃えています。

この価格帯では珍しい、46mmケース経、時計単体で機能するGPS、実使用2GBの音楽ファイルストレージ、さらにはスピーカーまで搭載されています。

OnePlus Watch スペック

仕様・スペックOnePlus Watch
ディスプレイ1.39インチAMOLED
454×454
ピクセル
326 PPI
素材ステンレス
ストレージ4GB , 実使用2G , 約500曲保存
サイズ46.4×46.4mm×10.9mm
重量45g(バンドなし)
76g(バンド込み)
センサー加速度センサー、
ジャイロスコープセンサー
地磁気センサー
光学式心拍数と血中酸素センサー
周囲光センサー
空気圧センサー
静電容量センサー
Bluetooth5.0
バッテリー容量402mAh , 20分充電で7日間
バッテリー持ち最大14日間 , 睡眠時SpO2測定 5日間 , GPS接続時 25時間
充電方式専用マグネット式充電
防水性能5ATM + IP68
システム言語
運動モード110種類以上
その他の機能スピーカーあり , 時計単体GPSあり , 血中酸素濃度測定
コンパニオンアプリOnePlus Health
価格インド
14999インド・ルピー(約2.3万円)

アメリカ
159.00ドル(約1.7万円)
中国
999人民元(約1.7万円)

ディスプレイはAMOLED

ディスプレイには454×454ピクセル326 PPIのAMOLEDディスプレイが使用されます。高精細なディスプレイに有機ELのレスポンス・発色を味わえます。

最大14日間のバッテリー持ち

OnePlus Watchは最大で14日間のバッテリー持ち。睡眠時の血中酸素濃度測定機能をオンにした状態だと5日間、GPS接続時間で25時間のバッテリー持ちを実現しています。

充電方法にQiはないので、専用のマグネット式充電器を使用します。公式によると充電速度は20分で約7日間分を充電できるとしています。

時計単体で音楽再生さらにはGPSトラッキング

OnePlus Watchは約1.7万円のスマートウォッチです。この価格帯では珍しいことに、時計本体にGPS機能が内蔵されており、さらには4GBストレージが用意されています。

OnePlusによればOSなどで、実際に使用できるストレージ容量は約2GBとなりますが、通常音楽ファイルならば500曲は移動できるといいます。

音楽ファイルを時計に移動すれば、時計単体で音楽を流せるほか、イヤホンと接続してランニングなんてこともできちゃうんです。

音、出ます

これ、本当にすごいです。GPS内蔵、ストレージあり、ときてスピーカーもありです。これにより、確認はしていませんが、目覚まし時計や通知でも音が出るはずです。

110種類以上のスポーツモードに対応

ウオーキングや室内運動、回転運動など含め、計110種類以上のスポーツに対応。有名なものからマニアックな遊びまで、どんなものでもトラッキングを残すことが可能です。

まとめ、何がすごいって、GPS内蔵+スピーカー+音楽フェイル保存が可能な1.7万円

OnePlus Watchはコストパフォーマンスが非常にいいです。

1.7万円でGPSを内蔵しており、音楽ファイルを500曲保存、そして時計だけで音の再生ができる魅力的な端末となっています。

今回はスマートバンドと違い、グローバル展開なので、ECサイトでも今後購入できるようになるはずです。冒険心がある方、コスパを求める方、OnePlusが好きな方におすすめできる一品です。

【AliExpress】OnePlus Watch

不明な点、注意点

バッテリー持ちは過度な期待をしないほうがいいかも

管理人はOnePlus Bandをインドより輸入して使っていました。まあ、今はバッテリー持ちに強い不満があって使用していません。

OnePlus Bandは睡眠測定時にSpO2測定機能をリアルタイムにすると3から4日程度、一定間隔だと1週間程度のバッテリー持ちでした。

今回のOnePlus Watchは、睡眠時SpO2測定機能をオンにして5日間のバッテリー持ちと記載されていますが、もしかするともう少し短い可能性があります。

日本語通知、半分対応の可能性

OnePlus Bandはインドから取り寄せても日本語通知に対応していました。しかし、Twitterなどの通知で一部の漢字が□で表示されることもあったので、このOnePlus Watchで改善されているかは不明なところです。

しかし、今回Bandと違う点もあって、それは発表地域です。

OnePlus Bandは現在、インドのみの販売となっています。しかし、今回発表されたOnePlus Watchはアメリカやインド、中国など広い地域で販売されており、これに伴って対応言語も増えている可能性があります。

そして、グループ会社のrealmeが完全に日本語対応だったことも加味すると、たとえ発売時に対応していなくても、OTAアップデートで日本語修正をする可能性があります。

なお、コンパニオンアプリのOnePlus Healthについては、英語・中国語・ヒンドゥー語の対応が確認できています。もし端末を購入された場合は、日本からのダウンロードはできないので、APKPure等からファイルを持ってきてインストールしてください。これについては自己責任でお願いいたします。

【AliExpress】OnePlus Watch

発表されたスマートフォンたち

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です