【OnePlus】リフレッシュレートをコントロールして無駄な消費を抑える方法【AutoHz】

2 min

高リフレッシュレート端末、最高に気持ちいですよね。でもバッテリー消費に悩まされていませんか?

OnePlus端末には設定項目から120Hz、90Hz、60Hzに変更は可能となっていますが、それだけだと正直不十分です。OnePlusは高リフレッシュレートに設定をすると、ユーチューブやプライムビデオ、テキストベースでは60Hzに最適化されるようになっていますが、ここら辺も自分で調整したいと思いませんか。

ということで今回ご紹介するのは【AutoHz】というアプリです。こちらのアプリを使用すれば、アプリごとのリフレッシュレートを自由に変更可能となるので是非試してみてください。

設定方法

AutoHzアプリの取り扱い方については製作者がGitHubで詳しく解説されています。そちらを参照ください。

ADB環境が整っていれば、PCとスマートフォンを接続して、以下のADBコマンドを入力するだけでOKです。一度権限さえ与えれば再起動後も使用することが可能になります。

adb shell pm grant com.arter97.auto90 android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGS

使用感・レビュー

今回はOnePlus 8 Proで使用しています。そのためAutoと120Hzと60Hzに変更ができます。Nordで例えるとAutoと90Hzと60Hzに変更可能です。

ここでのAutoというのはOxygenOSの設定→リフレッシュレート項目を指します。

高リフレッシュレート固定もOK

最近使用しているBraveブラウザは、OnePlus端末では60Hzで駆動します。しかしブラウザということもあり120Hzに変更したかったので今回のAutoHzを使用しました。右上見ていただければわかると思いますが、変更後は120FPSで使用できています。

60Hz固定でバッテリー節約

本や動画など一つのコンテンツをじっくり楽しんでいるときには120Hzもいらないと思っています。こちらはAmazon キンドルのアプリですが、OxygenOSの高リフレッシュレート設定では120Hzで駆動しています。なのでAutoHzを使用して60Hzに固定しました。

ホーム画面120Hzから60Hzの切り替え、60Hzから120Hzの切り替えもスムーズに切り替わるのでストレスなく使用できています。

OnePlus端末のみで使用できるAutoHzまとめ

AutoHzは標準の設定に搭載されててほしい機能がアプリで追加できます。現在はPlayストアで170円で販売となります。有料アプリということで抵抗はあると思いますが、現在はOnePlus 8Tまでサポートされており、今後も公式が機能に加えない限り、このアプリでしか設定できないはずです。

リフレッシュレートを自由に変えて、バッテリー節約や使用感を高めるのにおすすめのアプリです。

すべて120Hzに固定したい場合

AutoHzが神アップデート!!有料でも買ってOK、170円なら無料と同じです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です