OnePlusはハイエンド機もミッドレンジ機もゴリラガラス5どまり

2 min

スマートフォンに使われるガラスは、コーニング社のゴリラガラスが使用されており、現在のところゴリラガラス5、ゴリラガラス5の2倍の耐久性を誇る6、それをさらに強化されたVictusの3タイプに分かれています。

ゴリラガラスのホームページでは各社の端末に使われているガラスバージョンが表記されており、確認することができます。

OnePlus ゴリラガラス一覧表

機種名ディスプレイバックパネル
OnePlus 8TGorilla® Glass 5Gorilla® Glass 5
OnePlus NordGorilla® Glass 5Gorilla® Glass 5
OnePlus 8 シリーズGorilla® Glass 5Gorilla® Glass 5
OnePlus 7T シリーズGorilla® Glass 5Gorilla® Glass 5
OnePlus 7 ProGorilla® Glass 5Gorilla® Glass 5
OnePlus 7Gorilla® Glass 6Gorilla® Glass 5
OnePlus 6TGorilla® Glass 6Gorilla® Glass 5
OnePlus 6Gorilla® Glass 5Gorilla® Glass 5
OnePlus 5TGorilla® Glass 5 アルミ
OnePlus 5Gorilla® Glass 5 アルミ

先日発売された8Tは、裏表ゴリラガラス 5

先日発売された8Tは裏表ゴリラガラス5が採用されています。

今年のOnePlusで一番高価な端末、OnePlus 8 Proもゴリラガラス5の採用です。

ミッドレンジ帯のNordもゴリラガラス5であり、ガラス強度のみを考えるとOnePlusはハイエンド機もミッドレンジ機も同じといえます。

ゴリラガラス6は、OnePlus 6Tと7のみ

OnePlusは、2018年と2019年に登場した平面ディスプレイの6Tと7のディスプレイ面のみゴリラガラス6が採用されています。

7を1年以上使用していた管理人ですが、今現在も傷は少なめに感じており、やはりゴリラガラスバージョンは高い方がいいと思っています。

今後OnePlusがゴリラガラス5以上のガラスを採用するのかどうか、ここは注目した方がいいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です