OxygenOS 11 Open Beta 3でクイックパネル、サイレント修正【OnePlus】

1 min

OnePlus 8 / 8 ProでOxygenOS 11 ベータを使用の皆様、ついに来ました。我々は勝利いたしましたよ!

以前の記事でOxygenOS 11からはクイックパネルをフル表示させたときに2行までしか表示できないように仕様変更されたとお伝えしました。これによって、海外では今までのOxygenOSのクイックパネルの方が使いやすいとの声が多発していました。

今回OnePlus 8 、8 Pro向けに配布されたOxygenOS 11 Open Beta 3にはこれの修正が含まれているのを確認しました。

クイックパネル内メディア再生時以外、2行から3行へ

今回のアップデートでは更新履歴に含まれていないですが確実に改善されていることがわかるはずです。クイックパネルをフルで開いたときに表示される行数が2から3になっています。これはOxygenOS 10までの仕様と同じになります。

Android 11からの仕様でメディアプレイヤーをクイックパネル内に表示させている場合は2行となります。

Open Beta 3 更新履歴

  • システム
    • 通話のUIの滑らかさを最適化
    • サンディバイパフォーマンスを改善するために最適化されたバックグラウンドプロセス管理メカニズム
    • 一部のゲームでテキストがブロックされる問題を修正しました
    • 一部のゲームで入力テキストがブロックされる問題を最適化しました
    • システムの安定性が向上し、一般的な問題が修正されました
    • Androidセキュリティパッチを2020.10に更新しました
  • アンビエントディスプレイ
    • Canvasでアニメーション効果を最適化し、ロック解除エクスペリエンスをスムーズにします
    • Canvasは、常時オンのアンビエントディスプレイをサポートするようになりました(設定-アンビエントディスプレイ-常時オンのアンビエントディスプレイ-「終日」を選択)
  • 禅モード
    • Zenモードをオンにしたときにシステム設定インターフェイスの実行が停止する可能性が低い問題を修正しました

OnePlusコミュニティ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です