クアルコムがSnapdragon 888の公式ベンチマーク結果を公開 Antutu 735,439点

1 min

クアルコムは、12月1日~2日にかけてハイエンドチップのSnapdragon 888を発表を発表しました。先日のリーク情報によれば、Snapdragon 888はSnapdragon 835に匹敵するくらいバッテリー持ちがよく、パフォーマンスに関してもかなりいいと噂されています。

さて、今回はクアルコムより、ベンチマークテスト結果が公開されましたのでお伝えしようと思います。

Antutu スコア 735,439点

テスト端末は、Snapdragon 888を搭載したクアルコムのリファレンス端末で実行されています。RAMは12GB LPDDR5メモリが使用され、512GB UFS 3.0 ストレージ、リフレッシュレート120Hzの6.65インチFHDディスプレイが搭載された端末です。

AnTuTu(バージョン8.3.4)では、735,439点を叩き出しています。この点数はAndroid AntutuスコアではNO.1となります。現在のAntutuベンチマークトップは、HuaweiのMate40 Pro+(SoC : Kirin 9000)で、698,654点となり、いかにSnapdragon 888が優れているかがわかるはずです。

また前モデルSnapdragon 865搭載端末で最もスコアが高いXiaomiのMi 10Ultraは671,045点だったので、約5万点ほど強化されています。

Snapdragon 888は単純にGPUやCPUの強化だけではなくAI機能や接続チップ、カメラ部分も進化しています。搭載される端末には当サイトがメインで取り上げているOnePlusやrealmeが含まれており、2021年のフラッグシップ端末が待ち遠しですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です