realmeフラッグシップRace ProとX9 Pro仕様・スペックがリーク、160Hz+QHD++125W?

1 min

コレが事実ならば、realmeさま、ついていきます。それぐらいのリーク情報です。

先日の情報より、realmeは最新のMediaTek Dimensity 1200を搭載するrealme X9 ProSnapdragon 888を搭載するrealme Race Proを2021年初頭に発表するとお伝えしました。

どちらもrealmeのハイエンド端末になると見られており、価格もスペックもrealmeクオルティーになると考えられます。

さて、本日は噂されているこの2機種のスペックがリークされたのでお伝えしようと思います。

realme Race Proが世界最強のスマートフォンになるかもしれない

realme Race Pro

まさに夢を全部詰め込んだ最強のスマートフォン、realme Race Proです。

ディスプレイは6.8インチOLED、3200×1440p解像度。リフレッシュレートは驚異の160Hzを誇ります。さらにバッテリーは5000mAhの大容量バッテリーに加え、125Wの独自急速充電(3分で0~33%)に対応される見込みです。

realme X9 Pro

リークされた情報によると、X9 ProはRace Proよりかはスペックが劣ります。

SoCには最新のDimensity 1200、6.4インチOLED、FHD+リフレッシュレート120Hzのディスプレイが搭載。さらに4500mAhのバッテリーは65W急速充電となる見込みです。


realme X9 ProはMediaTek Dimensity 1200を搭載することからも価格が抑えられたハイエンド。realme Race Proは2021年の詰め込めるものを徹底的に詰め込んだ感じでしょうか。

125W、QHD+解像度、160Hzが実現するのであればコレは間違いなく、史上最高のスペックスマートフォンになることに間違いはありません。テクノロジー進化の塊、めっちゃ期待して待ちましょう。

ソース : frandroid , 91mobiles

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です