realmeの1万円スマホこと【C3】Helio G70を搭載してAliExpressで販売中

2 min

1万円でもゴミは売らない、realme C3がすごすぎた。

realmeから昨年の2月に発表されているスマートフォン、realme C3のご紹介です。

このスマートフォン、お値段なんと1万円。それなのに、SoCにはMediatek製のHelio G70(Antutu 約20万点)を搭載し、RAMは3GBと価格で考えるとかなりのコスパっぷりなんです。

2021年に遊びで購入しても良いスペックとなっています。

realme C3 スペック・仕様

スペックrealme C3
発表日2020年2月
OSAndroid 10 , realme UI 1.0
Antutu約200,000点
ディスプレイ6.5インチIPSディスプレイ
720 x 1560ピクセル , 画面占有率84.1%
264 ppi , ゴリラガラス 3
素材表ゴリラガラス3 , 裏プラスチック , 横プラスチック
SoCMediatek Helio G70(12 nm)
RAM3GB / 4GB
ROM32GB / 64GB
Wi-FiWi-Fi 802.11 b / g / n
Bluetooth5.0
対応バンド3G , 850/900/2100
4G , 1/3/5/7/8/20/28/38/40/41
アウトカメラ・12 MP, f/1.8, 28mm (広角メイン), 1/2.8″, 1.25µm
・2 MP, f/2.4, (深度)
1080p@30fps
インカメラ5 MP, f/2.4, 27mm (広角メイン), 1/5″, 1.12µm
1080p@30fps
サイズ164.4 x 75 x 9 mm
バッテリー5000 mAh , 10W充電
防水防滴
重量195 g
その他サイド指紋認証
価格8,999インド・ルピー(約12,800円)~

realme C3 特徴

使用されるSoCはMediatek製のHelio G70。1万円クラスでこのSoCを持って来れるのは素晴らしいです。

このチップはAntutu 約20万点ほどの性能があり、普段遣いなら問題なく使用できる性能です。ライトなゲームからSNSやブラウジング、ストレスなく快適に使用できるはずです。

カメラは12MPのメインカメラと最大4cmまで寄れるマクロカメラが搭載されています。

この価格だとシングルでもいいところにマクロカメラまでつけちゃうのは流石のrealmeといったところでしょうか。

カメラ画質には期待できませんが、以前購入したrealme 7 Proのカメラソフトが良かったので、ある程度は使用できると思います。メモを取るくらいなら十分な性能です。

ディスプレイは残念ながらHD+画質で720 x 1560ピクセルとなります。

近づいて見ると多少のドットは感じるものの、目を近づけなければ十分使用できると思います。解像度が低い分、パフォーマンスとバッテリー持ちは良くなります。

バッテリー容量は5,000mAh。これだけあれば一回の充電で1日は使用できます。

充電速度は10Wでそこまで速くありません。夜寝る前や時間がある時での充電がおすすめです。

realme C3 スペック評価

デメリット
  • HD+画質
  • 10W充電
  • 日本バンドほぼ非対応
  • Wi-Fi-5GHz非対応
メリット
  • 6.5インチ液晶ディスプレイ
  • 水滴型ノッチ
  • Mediatek Helio G70(12 nm)
  • 5000 mAhバッテリー
  • Bluetooth 5.0
  • 圧倒的な価格

realme C3 まとめ

realme C3に搭載されるSoC、Helio G70が1万円で手に入ることを考えるとかなりお得なスマートフォンです。

その他のスペックに関しても1万円と考えると許せるラインのスペックになっているかと思います。

ただディスプレイがHD+画質なので、ここを許せるかどうかがカギとなりそうです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です