OnePlusが2020年に発表したスマートフォン まとめ

3 min

OnePlusが2020年発表した端末をまとめようと思います。

思い返せばOnePlusはこれまで、5月のOnePlusシリーズ、そして11月のTシリーズのみの発表でした。しかし、今年は、5年ぶりのミッドレンジスマートフォンNordの登場や、初のエントリースマートフォンN100の登場がありました。

OnePlus 8

OnePlus 8は、スタンダードモデルとして4月に登場しました。

主な特徴は、90Hzのリフレッシュレート、クアルコムSnapdragon 865を搭載し、30W急速充電を搭載しているハイエンドスマートフォンとなります。

ハイエンドスマートフォンは、近年大型化が進んでいますが、このOnePlus 8は、小型・軽量ボディーとなっており、サイズは、横幅は72.9 mm、厚み8 mm、重量は180 gです。

海外YouTuberのテストによると、OnePlus 8に搭載される4300mAhのバッテリーは非常に優れていることがわかっています。

OnePlus 8 Pro

OnePlus 8 Proは、OnePlus 8シリーズの上位機種として登場しました。

8との主な違いは、120HzのQHD+(1440 x 3168ピクセル)画質、工学手ブレ補正3倍ズームに対応している望遠カメラ、48MP超広角カメラ、そしてOnePlus初のワイヤレス充電に対応していることです。

このワイヤレス充電は、30分で50%まで充電できる速度を持ち、ワイヤレス充電が使いたい場合は現状OnePlus 8 Proのみとなっています。

OnePlusのCEOであるPete Lau氏は、このOnePlus 8 Proを今年一番のハイエンド機であり、アップグレードの余地がないとまで述べています。

実際に管理人もこのOnePlus 8 Proが現在のメイン機なんですが、文句なしの出来栄えです。10月に発表されたOnePlus 8Tも使用しましたが、カメラ画質・ワイヤレス充電・ディスプレイ品質の3点から8 Proを使用しています。あちらもコスパ良くて良い端末には違いありませんけどね。

OnePlus Nord

OnePlus Nordは、今年の7月に発表されたOnePlusのミッドレンジスマートフォンです。

主な特徴としては、フロントカメラに超広角カメラが搭載され、8GB / RAM、裏表ゴリラガラス5、90HzのAMOLEDディスプレイ、クアルコムSnapdragon 765Gを搭載しています。

このSnapdragon 765Gは、ほとんどの人が満足できるコスパの良いチップで、ライトなゲームからある程度のグラフィックゲームまでプレイ可能です。また、7 nmで設計されており、バッテリー持ちも期待できるまさに夢のようなミッドレンジSoCとなっています。

バッテリー容量は4115mAh、30W急速充電に対応です。公式情報によると30分で70%まで充電が可能となります。

このスペックで約36,000円(インド : 6GBモデル)は衝撃的な価格で、発売当時は売り切れが続出するでした。

OnePlus 8T

OnePlus 8Tは、今年の10月に発表されたOnePlusのフラッグシップスマートフォンです。

中国価格はなんと3399元(約53,000円)。OnePlus 7以来のコスパいい端末となりました。

主な特徴は、平面120Hzディスプレイ、65W急速充電、クアルコムSnapdragon 865が搭載です。

この平面のリフレッシュレート120Hzディスプレイは、OnePlus 8 Proよりも使い勝手が良く、海外でも高く評価されています。ディスプレイの評価機関では最高ランクのA+評価を受けるほどです。

65W急速充電は公式によると39分で充電が可能で、実際に使用してもその速度に驚かされました。ワイヤレス充電に非対応なのでその点だけは残念でしたけどね。

ワイヤレス充電、カメラの細かい画質等を抜きにすれば今年一番、OnePlusスマートフォンでおすすめできるかもしれません。それぐらいいい出来となっています。

OnePlus Nord N10 / N100

OnePlus Nord N10およびN100は、10月に発表されました。

これまでOnePlusは、エントリー帯のスマートフォンを発表していなかったのでコレが初の端末となります。ミッドレンジスマートフォンのNordがシリーズ展開された瞬間でもありました。

価格はN10が£329.00(約45,000円)、N100が£179.00(約24,000円)となり、日本ではNord N10およびN100をあえて購入する必要はあまりないように感じる価格設定となりました。

先日にはN10とN100がAndroidメジャーアップデート1回、2年間のセキュリティーパッチしか受けられないことが明らかとなり、コレまでのOxygenOSの流れをぶっ壊した端末でもあります。つまり、Android 10を搭載するOnePlus Nord N10 / N100は、Android 11で更新が止まり、その後はセキュリティーパッチ更新のみになるということです。

N10については当サイトでもレビューし、4.5万円の価値はないですけど、セール価格2.8万円~3.1万円なら購入してもOKだと思っています。N100については、海外での評価は最悪、期待する意味はないとまで言われています。

関連記事

1 件のコメント

  1. 19:45 2 Владельцы Samsung за 2020 год «находили» 200 раз от Земли до Солнца и обратно. Samsung подвела итоги использования мобильного приложения Samsung Health

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です