OnePlus Buds Z バッテリーの持ちが微妙、アップデートで改善されるかがカギ

1 min

OnePlus Budsの廉価版として登場したBuds Z。音質はBudsには及ばないものの、装着感がよく、IP55なのでお風呂でも使えると言う点で結構気に入っています。ただですね、1ヶ月ほど使用していてバッテリー持ちがあまり良くないように感じています。

Budsのときは公式スペック通りのバッテリー持ちだったのに対してBuds Zはバッテリーの減りがちょっと早いように感じます。

Budsとのバッテリー比較

スペックOnePlus BudsOnePlus Buds Z
バッテリー容量ケース420mAh , イヤホン35mAhケース450mAh , イヤホン40mAh
再生時間最大7時間(音楽再生)
4時間(電話)
最大30時間(音楽再生)
最大5時間(音楽再生)
3時間(電話)
最大20時間(音楽再生)
充電速度1時間20分(充電ボックス+イヤホン)3時間10分(充電ボックス+イヤホン)
短時間充電10分10時間(充電ボックス+イヤホン)10分で3時間(充電ボックス+イヤホン)

公式スペックによると、OnePlus Buds Zは最大で20時間の音楽再生が可能とされていますが、私のBuds Zはその半分の10時間位しか持たない印象です。充電速度に関しては問題ないです。一方のOnePlus Budsのバッテリーは30時間持つとされていますが、こちらに関してはスペック通りのバッテリー持ちだと感じています。なのでこのスペック表が間違っていなく、管理人が持っているBuds Zのバッテリーに問題があるのだと思っています。

以前よりOnePlus Buds Zにはユーザーからバッテリー持ちに関する不具合が寄せられており、もしかするとこのBuds Zは個体差の強いデバイスなのかもしれません。

いずれにしても日本からの購入ユーザーは、海外ECサイトを一度通して購入してる場合が多いため、同じような悩みを抱えてる人も、今後のBuds Zのファームウェアアップデートに期待するしかなさそうです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です