OnePlus 8Tはフロントカメラに超広角レンズを搭載する可能性が高い

1 min

OnePlusは今年初めてフロント超広角カメラ搭載のミッドレンジスマートフォンNordが発表されました。Nordのフロント超広角カメラは手を伸ばさなくても人+背景までを鮮明に捉えることができ、ハイエンド機にも搭載されることを願っている人も多いはずです。少なくとも私の知人のユーチューバーは超広角フロントカメラこそ正義と謳っております。

OnePlusは10月14日にOnePlus 8Tを発表します。前回の記事でOnePlus 8Tのケースがリークされ、マクロカメラにギザギザのリングライトらしきものが搭載され、カメラへの期待値も上がる中、今回はOnePlus Twitterよりフロントカメラと思われるショートムービーが公開されました。

ツイートにはLight. Camera. そして今年の8T 発表のスローガンであるUltra.

ショートムービーではOnePlus 8Tがパンチホール内に超広角カメラらしきものが埋め込まれており、カメラレンズ横に赤いライトが光っているのが確認できます。レコーディングか、もしくはオートフォーカス補助光だと思われます。

OnePlus 8Tのインカメラの画素数ですが、今のところ不明です。Nordに搭載されているフロントカメラはメインに32MP、超広角カメラに8MPが使用されています。今のところ8Tがデュアルインカメラにするという情報は一つも入ってきていないので、このインカメラに何を使うのか、もしくは考えにくいですがズーム式フロントカメラになるのかもしれません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です