OnePlus OxygenOS 11のステータスバーからのクイック設定パネルはめっちゃ便利

1 min

Android OSでは、ステータスバーを下ろした先にクイック設定パネルというものがあります。これは設定アプリをいちいち開かずとも、ステータスバーから設定を変更できる、言わばショートカット設定です。

今回はOnePlus端末を使用して、先日アップデートされたOxygenOS 11のクイック設定パネルに、どのような項目があるのかをお伝えしようと思います。

OxygenOS 11で使用可能なクイック設定パネル一覧

クイック設定パネル内はステータスバーを2回下ろした先の鉛筆マークから編集することが出来ます。自分で任意の位置にアイコンをずらして、使用しやすいように変更可能です。

標準で設定できる項目は以下の通りです。

  • Wi-Fi
  • モバイルデータ通信
  • bluetooth
  • ライト
  • 自動回転
  • バッテリーセーバー
  • 機内モード
  • ビジョンコンフォート(夜間モード)
  • 位置情報
  • データカードを切り替え
  • サイレントモード
  • NFC
  • ダークモード
  • アクセスポイント
  • ニアバイシェア
  • リバース充電
  • Zen Mode
  • データセーバー
  • 画面レコーダー
  • 観覧モード
  • VPN
  • OTG
  • 画面キャスト
  • 色を反転
  • フォーカスモード
  • おやすみ時間モード
  • 自動字幕起こし

この太字になっている部分はクイック設定パネル内のみ、アクセスが可能となる項目です。OnePlus端末は、これらの項目を自分なりにカスタマイズして、使い勝手を向上させるが可能です。

購入したばかりの端末ですと、ちょっと使い勝手が悪いように感じるはず。ぜひ自分だけのクイック設定パネルをつくってみてくださいな。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です