2021年OnePlusに期待する3つの事柄

3 min

OnePlusは今年で創立8年を迎えます。一部の情報によるとOnePlus 888を考えているとか、いないとか…。

昨年にはPete Lau氏と共同設立したCarl Pei氏がOnePlusから離れ、新たにロンドンにてオーディオ系のベンチャーを設立していると伝えられています。

さて、OnePlusは2020年、大きな変化のある年だったと思います。新たなミッドレンジOnePlus Nordシリーズ、GalaxyのクローンOSとも言われるOxygenOS 11などなど。かつてのOnePlus社はニッチ(狭い)市場からマス(広い)市場へと変化した年でもあります。

さて、今回はそんな変わっていくOnePlusに、いちファンとして、今後どのような変化を望むのかを3つの事柄に分けて書いていきたいと思います。

意味のないNord派生のシリーズ廃止

Nordまでは素晴らしく良かったです。裏表ゴリラガラス5に包まれたボディーは他社のフラッグシップスマートフォンと比較しても劣ることがないデザイン。リフレッシュレート90Hzの有機ELパネル、そして30Wの急速充電と決して抜かりなくミッドレンジ市場を攻めてきた印象です。

インドでは一時期、購入したいミッドレンジスマートフォンNo.1に輝くなど、とっても良いブランディングでした。

しかし、褒めるのはここまでです。

その後、OnePlusは10月26日にOnePlus Nord N10とN100を発表しました。ヨーロッパ価格では、それぞれ約45,000円と約24,000円となり、Nord N10については、普通のNordを購入できる価格での販売です。N100については超エントリースペックであり、コスパでいうとpocoやrealmeと圧倒的な差が生まれました。まさに中途半端な存在、それがN10とN100なのです。

さらにOnePlus Nord N10およびN100はメジャーアップデートが1回と規定されています。プリインストールOSはOxygenOS 10(Android 10)であり、一回のメジャーアップデートということでOxygenOS 11(Android 11)までとなります。

これはアップデート保証期間が長いと、良い印象を与え続けたOxygenOSの大きなイメージダウンへと繋がります。他社のGalaxyなどがOSのサポート期間を長くする中、OxygenOSは真反対の方向へ向かっていってるんです。この状況に置かれてもなお、N10およびN100を選択する理由はありません。例え海外ECサイトで2.8万円程度で買えるとしても、1.2万円を足すか、同価格帯の他社スマートフォンを選択したほうがもっと幸せになります。

なので管理人はこの新しいNord派生のシリーズはなくてもいいように感じます。

酸素(oxygen)でもない、水素(hydrogen)でもない、OneUIクローンに変わらないこと

OxygenOS 11は体験しましたか?ええ、それはもう今までのOxygenOSのピュア感はなくなり、完全に他社のOSと変わらない出来栄えとなりました。海外ではOxygenOSとSamsung Galaxyに搭載されるOneUIと冷やかされることも多々あるのが実情です。

OnePlusはOEF(Open Ears Forum)により、ユーザーの意見はできる限り反映し、改善に努めています。このOEFの中では、OnePlusが今後OxygenOSに取り入れる機能についても公式が解答しており、今後さらに機能の追加が施される見込みです。

OnePlusに搭載されるOxygenOSはGoogle製のPixelに近い直感的でミニマムな体験ができる唯一のメーカー製スマートフォンで愛している方も多かったはず。

2021年は本来あるべき姿、愛されてきたOxygenOSのピュア感を大切にしながら、機能追加を行っていってほしいです。それは既存のファンを守るためにも必要だと感じています。

グローバルなエコシステム

管理人はOnePlus製品で家電を揃えたい。なぜなら、ファンだから。

OnePlusはTwitterで「エコシステムはさらに充実していく」と述べていることからも今後、多くの製品が誕生すると考えられます。現段階ではOnePlusバンドウォッチが挙げられます。しかし、OnePlusはインドのみで展開されている製品もあり、スマートテレビやBullets Wireless Z Bass Edition、さらにPower Bank 10000mAhはグローバルに展開されていません。

グローバルに展開され、OnePlus製品で揃えられる日をファンは待ち望んでいるはずです。2021年はさらに多くのグローバルにエコシステム製品が発表されることを期待しています。

関連記事