OnePlus カメラには今後フォーカスピーキング・ムーンモード ・ハイパーラプス等が追加される?

1 min

先日にはOnePlus 7 / 7Tシリーズに初めてのオープンベータOxygenOS 11(Android 11)がリリースされました。

このアップデートにより、OnePlus カメラのバージョンが6.4.23にアップデートされています。

さて、今回はXDAがこのカメラAPKファイルを解析したところ、将来リリースされるであろう機能がリークされたのでお伝えしようと思います。

チルトシフトモード

チルトシフトモードはレンズを水平方向・垂直方向に移動させることで、いわゆるアオリ撮影を可能にする機能のことです。これにより町並みなどを立体的なミニチュア模型のように撮影できるようになります。

スターバースト

光が放射状に広がるエフェクトモードだと思います。より被写体が際立って撮影できるモードが実装されるかもしれません。

ムーンモード

その名の通り、月の撮影です。最近ではスマートフォンで月を撮影する人が増えてきたことからOnePlusも搭載してきたのでしょう。

しかし、OnePlus 9 シリーズでは、高倍率ズームのペリスコープカメラが搭載されないと噂されており、コレが事実ならばOnePlusの最高は8 Proの30倍ズームです。あまり使うことはなさそうです。

xdaによれば月の色を変更できるさまざまなフィルターを追加されるとしています。

ハイパーラプス

OnePlusカメラアプリには、すでにタイムラプスモードが搭載されていますが、ハイパーラプスモードが加わる予定です。

タイムラプスは、数秒・数分に1コマずつ撮影した写真を繋げてコマ送り動画を作成。ハイパーラプスは、カメラを移動させながら、タイムラプスのように動画を作成する撮影方法となります。

フォーカスピーキング

マニュアルフォーカス使用時に縁が強調され、どこにピントが合っているのかわかりやすくする機能です。主にミラーレスカメラに搭載される機能の一つです。

これらの機能がいつ、どの端末で使用可能になるかは不明ですが、時期を考えるならばOnePlus 9シリーズと考えるのが自然だと思います。正式リリースに期待です。

ソース : xda , 画像 : ソニー , watch.impress

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です