Snapdragon 888 プラスはGPU周波数がアップし、2021年後半に登場か

1 min

クアルコムは昨年12月、ハイエンドチップであるSnapdragon 888とミドルチップのSnapdragon 678を発表しました。このチップを搭載するメーカーは、OPPOやrealme、そしてOnePlusがリストに含まれており、今後Galaxy S21シリーズやOnePlus 9シリーズに搭載される予定です。

Snapdragon 888は、先日発表されたXiaomi Mi 11より、GPU周波数が最大840MHzであることが判明しています。

早くもSnapdragon 888 プラスの噂

中国のリーカーDigitalChat Stationによると、クアルコムは2021年の後半にSnapdragon 888 Plus SoCを発表する可能性があるとのこと。さらに同氏は、Snapdragon 888チップがGPU周波数が、最大840MHzにロックされている理由について、他社がオーバークロックするのを防ぐためだと述べています。

つまり、Snapdragon 888 プラスは、Snapdragon 865から865 Plusの進化のように小さなアップグレード製品となる可能性があります。

Snapdragon 865 PlusはSnapdragon 865に搭載されるKryo 585(CPU)、Adreno 650(GPU)が使用され、GPU性能は10%ほどアップされたチップでした。

Snapdragon 888 Plusチップに関しては現段階でわかることは少なく、今後発表時期が近づいて来るとより詳細な情報がでてくるでしょう。期待して待ちましょう。

weibo

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です